賃貸の引っ越しの時に、業者さんがもし、荷物の搬送時にキズを付けたならば、即座にチェックして伝えましょう。

台湾での賃貸マンションへの引っ越し体験

賃貸の引っ越しの時に気を付けたい事とは

賃貸へ引っ越しする時に、注意しなければならない点は結構、沢山あります。その一つとして、引っ越し業者さんにも注意を払わなければなりません。例えば、引越し作業の時にはどうしても、重い物を持たなければなりませんよね。その場合、業者さんはプロですから、キズなんて付けないだろうと思い込んでは居ないでしょうか。実は、結構あるのです。もし、業者さんにキズを付けられた場合にはきちんと補償して貰う事が重要になって来るでしょう。その場合、きちんと証拠として、デジカメ等で、そのキズ等を映してく事が重要になって来るのではないでしょうか。これで、退去時に、原状回復費で減らされたらたまった物ではありませんよね。気を付けておきましょう。

基本的に引越し業者さんもきちんと保険に入っている事が多いと思います。ただ、これは気を付けておきたい部分なのですけれども、もしキズをつけられたと思ったら、即座に言った方が良いでしょう。なるべくならば当日がベストだと思います。後に、言ってしまうと、何が原因でキズがついたのかが分からなくなる場合も多いのです。こういった業者さんの場合は、大手ではきちんと対応してくれる事が多いでしょう。気を付けなければならないのは、安さを売りにしている業者さんではないでしょうか。こういった所では養生をしていない場合もあります。だから、そういった業者さんは特に気を付けなければならないでしょう。そして気持ち良く新生活を始めましょう。


Copyright(c) 2017 台湾での賃貸マンションへの引っ越し体験 All Rights Reserved.